どんなオフィスが必要? - 大阪の会社設立手続き解説

menu
HOME » 会社設立の手続き » どんなオフィスが必要?

どんなオフィスが必要?

大阪で会社設立をするとき、その会社のオフィスは必ず必要です。
その会社の所在地がなければ、そもそも会社を作れないからです。
どんなオフィスが必要なのか、知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

まずここで必要なオフィスは、必ずしも立派なものでなくても構いません。
自宅と兼用の一軒家や賃貸でも構いませんし、レンタルオフィスでもOKです。
バーチャルオフィスでも、会社の設立手続きを終わらせるだけなら可能ですね。
大企業がビジネス街の一等地に持っているような、広大なオフィスがなくても会社設立はできますから、無理なく利用できるオフィスを選んでください。

ただし大阪での起業にこだわるなら、オフィスの所在地は必ず大阪の中でないといけません。
起業するとき住所面での基準となるのは、その会社の本店所在地、つまりオフィスに指定した場所の住所です。
オフィスの位置を大阪の外に指定すると、たとえ発起人が大阪在住の方だったとしても、起業した場所は大阪ではなくなります。
各種の届け出先も大阪ではなくその土地になりますので、注意してください。

オフィスを選ぶとき、必要なのはそれが起業向けに使える物件かどうかです。
レンタルオフィスなど、基本的に事業者向けの物件を借りれば問題ないのですが、それ以外の物件をオフィスに選ぶと、ビジネスや起業のための利用が禁じられている場合があります。
そこをオフィスにしていると、会社設立の手続きができなくなったり、開業後に退去を迫られたりと、支障が出るんです。
大阪ではオフィスに使える物件数も他のエリアより多いですから、基本的にオフィス利用が許可されているものを選んでください。

オススメなのは、ビジネス用途の利用が問題ない住居物件や、専用のレンタルオフィスです。
ビジネス用途にも使える住居物件を借り、自宅と兼用とすると、費用をかなり抑えられます。
従業員を雇うには不向きですが、自分一人の会社なら問題ありませんね。
従業員を雇うなら、専用のレンタルオフィスがオススメです。
仕事専用のスペースを借りられて、会社設立の手続きから営業開始までスムーズです。