会社設立でお礼状を送るのはマナー - 大阪の会社設立手続き解説

menu
HOME » 会社設立の手続き » 会社設立でお礼状を送るのはマナー

会社設立でお礼状を送るのはマナー

会社設立

大阪で新しく会社設立すると、準備で忙しく過ごすことになるので、会社設立のお祝いを頂いてもお礼状をなかなかできずにいることもあります。
しかし、お礼を全くしないで貰いっぱなしと言うのは社会人として非常識です。
またお礼状はお返しと一緒で良いのではと言う人も多いですが、まずお礼の言葉だけでも相手に伝えることは必要になります。
大阪で会社設立の際に様々なお祝いのメッセージや贈り物を頂いたら、これらのお祝い対してお礼状を送るのはマナーと認識しておくことが大事です。
ではお祝いに対するお礼状を送るタイミングはいつなのかというと、会社設立のお祝いを頂いた日から3日以内がベストと言えます。
できる限り早く出すのがお礼状のマナーで、もしお礼状を出すのが遅くなった場合には、遅くなった理由を書くと相手方の気持ちもだいぶ変わってくるのです。

会社設立のお祝いに対するお礼状は、感謝の気持ちを伝えるためのもので、あくまでお祝いに対するお礼を伝えることが目的になります。
ですから近況など長々と書くのではなくて、時候の挨拶を簡単に述べた後や、頭語からすぐにお礼の言葉に入って、別の用件について一切触れないように注意が必要です。
また会社設立の祝いは会社関係だけではなくて、親戚・友人・知人など親しい相手から頂くこともあって、お礼状はビジネス文の方が良いのか、軽い文章の方が良いのか迷う人も少なくありません。
親しい相手なら若干軽い文章でも大丈夫ですが、親しき仲にも礼儀ありという言葉もあるので、ビジネス文まで丁寧にする必要はないにしても、あまりに軽すぎる文章は避ける方が無難です。
ただ慣れないビジネス文章を考えることで苦戦することも多くて、特に会社設立の忙しい時期に慣れない文章を考えることは大きな負担になります。
しかも、先に触れたようにできる限り早く出すのがお礼状のマナーなので、事前にお祝いを頂いた時にお礼状がすぐに出せるように、取り敢えずビジネス文のテンプレートを作成しておくことがおすすめです。
その為には、様々なサイトで紹介されているお礼文の例文と書き方を参考にすると役立ちますし、例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用できるので助かります。
送る相手先に合わせて目的と一致する文例をいろいろとアレンジすれば大丈夫で、例えば親しい相手に送る文章はテンプレートを若干崩して書き換えると良いです。
大阪で新しく会社設立をしてお祝いを頂いた時のお礼状は、例文を参考にビジネスマナーに則った書き方で作成しましょう。