会社設立時に決めるべき法人の種類 - 大阪の会社設立手続き解説

menu
HOME » 会社設立の手続き » 会社設立時に決めるべき法人の種類

会社設立時に決めるべき法人の種類

大阪で会社設立する際、現在の主流になっている株式会社にするか、もしくは合同会社にするかを決めないといけません。
法人の種類についてどちらでも選べる場合は、メリットがより大きい方を選ぶといいですよ。

株式会社とは、出資を集めるために株式を発行する会社で、持っている株式に応じて会社から配当を支払います。
資金を集めやすいことや、現在主流の会社になるため、社会的な信用度も高いことなどがメリットです。
コレに対して、以前は有限会社というスタイルがありましたよね。
コチラを選びたいときは、現在は合同会社を選ぶことになります。

合同会社とは、出資をした人が社員となる会社で、株式の発行などは行いません。
そして出資した社員は、会社の経営に対して平等に発言権を持ちます。
株式会社とはまた違った形になりますが、基本的な組織運営の方法や利点については、株式会社と変わらない面もあります。
このような種類の会社もあるんです。

このように会社設立するときには、2種類の法人からどちらかを選べます。
大阪で起業するときも、どちらにするか選んでください。

まず大阪を拠点に大きくビジネスを発展させたいなら、株式会社の方が有利です。
そのワケは、社会的信用度が高いからですね。
この会社の肩書があれば、法人でも個人でも取引してくれる確率が高くなります。
特に法人の場合、株式会社としか取引をしないケースもあります。
大阪なら人口も多く、法人の数も多いですから、会社を大きくするにはチャンスの大きい土地です。
この利点を活かして少しでも多くの方と取引したいなら、株式会社を作るといいでしょう。

コレに対して、法人として最低限の体裁があれば十分な方は、合同会社を選ぶのもオススメです。
節税面の利点などは得られますし、こちらを選べば会社設立にかかる費用も抑えられます。
社会的信用について、株式会社ほど高くはありませんが、法人組織ということで一定の信用は得られます。
特に不特定多数の相手と広く取引する必要がないなら、こちらでもそれほど不利益はありません。
無理に株式会社でなくていいなら、こちらを選ぶのもオススメですね。