大阪での登記手続きとは - 大阪の会社設立手続き解説

menu
HOME » 会社設立の手続き » 大阪での登記手続きとは

大阪での登記手続きとは

会社設立する際、必ず必要になるのが登記です。
これは会社を作る地域によりませんので、大阪での起業でも同じく必要になります。
この登記とは何かというと、会社の情報を公の場へ登録することです。

コレが必要なのは、会社は社会的な影響力も大きくなるため、その身元などをハッキリさせておくのが望ましいからですね。
会社を作る利点は、社会的信用度の高さから、個人ではできない規模まで取引を拡大できることです。
それだけ信用されやすいからこそ、その信用が悪用されないように注意が必要です。
また、信用される理由として、その会社の身元がハッキリしていることが必要なんですね。
そのために、会社の情報などを登録しておくんです。

登録のためには定款という書類も必要で、これにその会社の運営者や所在地、運営規則など、その会社の情報を載せます。
このような書類と合わせて、どこの誰がどういう目的で作った会社なのか、すべて登録するんですね。
コレを登記といいます。

コレができない場合、会社設立はできません。
このような登録をきちんとできる方だけが、会社を作れるようになっているんです。
ですから大阪で起業する際にも、登記は避けて通れません。
むしろ会社設立の手続きは、登記の完了に向けて行うものです。
コレが終われば、登記した内容通りの会社ができあがります。

ここで必要な定款の作成などが、会社設立手続きの主な内容になります。
法務局でその書類が受理されるように、作成を続けていくといいでしょう。

この登記を行う場所は、法務局という専用の事務所です。
大阪にもいくつかの法務局がありますが、どこの事務所でもいいわけではありません。
それぞれの事務所ごとに担当する地域が分かれていますので、自分の地域を管轄している事務所を選んでください。
このときに基準になるのは、会社の本店所在地です。
発起人の現住所と会社の本店所在地が離れている場合、法務局の管轄地域も分かれることがあります。
そのときは会社の本店所在地の方を基準に、管轄となる法務局を選んでください。