大阪で会社設立するときの資本金 - 大阪の会社設立手続き解説

menu
HOME » 会社設立の手続き » 大阪で会社設立するときの資本金

大阪で会社設立するときの資本金

これから起業するとき、資本金が必要です。
これはその会社が持っている自己資金のことで、会社設立するときは必ず必要です。
大阪での起業を考えるなら、コレがどれくらい必要でしょうか?

これは最低1円でOKです。
これから会社を作るからといって、多額の資本金が絶対に必要なわけではありません。
もちろん資本金0円では会社設立できないのですが、最低限の金額として指定されているのは1円だけなんです。
これは事実上、資本金の金額で起業の可否を判断されないということです。
以前なら、株式会社を作るために1000万円の資本金を求められましたから、多額の自己資金を持っていないと会社設立はできなかったんです。
この資本金による起業制限が事実上撤廃され、現在のような状況になったんですね。

ですから現在、最低でも1円あれば起業できます。
そしてこれは全国共通の仕組みですから、大阪だからといって変わることもありません。
西日本一の都市で、1円だけでの企業もできるんです。

ただし、これは仕組みの上での話です。
大阪で本当に資本金1円で起業して成功するとは限りません。
特に気を付けたいのは、開業に向けて初期費用がかかる場合です。
このときにかかる費用を別に用意していないなら、資本金の中から立て替える形になるでしょう。
このときに資本金が1円しかないと、それら費用を用意できなくなります。
自己資金が用意できないなら創業融資を利用する方法もありますが、これは資本金の金額が審査でのチェックポイントになっています。
資本金が1円しかない場合、銀行からお金を借りるのは難しいですね。

このように資本金が1円だけでは、開業後の初期費用の用意が難しくなります。
これで開業直後に行き詰まっては、せっかくの起業も失敗しかねませんよね。
開業するときは必要な初期費用のほか、1年間は赤字が続いても破産しないくらいの資本金は、用意できると安心です。
具体的にどれくらいの金額が必要かは、起業を考えている大阪のそれぞれの土地での相場費用などを参考に計算してみるといいです。