大阪で受けられる会社設立後のサポート - 大阪の会社設立手続き解説

menu
HOME » 会社設立の手続き » 大阪で受けられる会社設立後のサポート

大阪で受けられる会社設立後のサポート

会社設立は最初の手続きが終われば終了ではなく、設立後にもいろいろな手続きや、知っておきたいことがあります。
大阪ではそれら設立後のサポートもたくさん受けられます。

まず受けられるのが、設立後の手続き代行サポートです。
会社の登記が終われば会社設立は完了ですが、そのままですぐに営業できるわけではありません。
そこで必要な手続きとは、税務署や年金事務所などでの手続きです。
ここで税金関係や社会保険関係の届け出を行い、法人として一般的な制度を利用できるようにします。

これらが終わらないと法人運営の体裁が整わないのですが、この手続きも会社設立のときと同じく複雑で、個人でやるのは手間がかかります。
そこで、これら設立後に必要な諸手続きを代行してくれるサービスがあるんですね。
大阪ではこれらサービスや専門家も多いため、代行をお願いできるチャンスも多いんです。
いいものがあれば使うといいでしょう。

このような事務的な手続きは自分でやれることもありますが、専門家でないと難しいのは節税です。
ここに対応する税理士のサービスも、大阪では多いですね。
会社設立が終わったあと、コレを利用するのもいいでしょう。

受けられるサービスとは、たとえば青色申告の届け出や、この申告に向けての記帳代行です。
青色申告とは個人や法人など、一部の事業者のみが使える税金の優遇制度で、コレを不備なく届け出すれば、課税金額を大幅に減らせます。
そのおかげで税額も少なくなり、非常に節税に役立つんです。
ただしコレを使うには、複式簿記での記帳が必要です。
この点を起業直後からクリアしたければ、設立直後から受けられる税理士のサービスを使うといいでしょう。

このほか、会社設立の助成金や補助金について、コレの調査と申請をやってくれるサービスも大阪では多いです。
会社設立にかかった費用や、直後の運営で必要だったお金を支援してもらえますので、起業が成功する確率が高くなりますよ。
このように会社設立後に使えるサービスはたくさんあります。
必要なものがあればこちらの利用も考えるといいでしょう。